オンナの本音|2ch生活まとめ-鬼女ライフハック

ほっこりする話

【スカッと&ほっこり】大トメからリクエストされたペペロンチーノを作った→喜んで食べてくれた大トメ→が!トメ「いまいちね…」→大トメの言葉にスカッとwww

586: 名無しさん@HOME 2009/02/22(日) 21:59:35 0
大トメに「嫁子ちゃん、ペッッッ(`・д・)、ペロンティノーウって奴食べてみたいねぇ」 
と言われたのでナイス発音と思いつつペペロンチーノ作ってみた。 
そしたら大トメが「ペッッッ(`・д・)、ペロンティノーウは西洋ソバだったのかい」 
と喜んで食べてくれたが、トメが 
「おばあちゃんの口には合わないでしょ。 
でもちゃんとしたお店の奴ならいいかもね。 
何だかいまいちだわぁ。 
今日は楽だったでしょ、ご飯作るの」と嫌味言われた。 
そしたら大トメが「お前なんかこんなハイカラなもん作れないだろう? 
何を偉そうに言ってるんだか! 
じゃあお前がペッッッ(`・д・)、ペロンティノーウ作ってみら!」 
トメはだんまり、私はにんまり。 
もともとボンゴレスパが大好きらしいので、 
今度はペッッッ(`・д・)、スカトーレでも作ってみるか。 

【衝撃的&ほのぼの?】学生の頃、親と喧嘩した→「私は本当の子供じゃないんだ!」と本当に思っていたことを言った→次の日、学校に行くために駅に行ったら・・・

417: おさかなくわえた名無しさん 04/11/05 02:54:15 ID:mG09iq1/
高校生の頃、親と激しくケンカした時、 
「私のことなんか嫌いなんでしょ!?きっと私は本当の子供じゃないんだ!! 
だから私のすること全部気に入らないんだ!そうでしょ!?」 
と両親に向かって怒鳴ったことがあった、その時は本当に 
自分は施設からもらわれてきた子供だと思った(家の近くに乳児院があるということもあって) 
その翌朝、いつもは父の出勤時間と重なるので一緒に駅まで行っていたけど 
ケンカした手前気まずくて、その日は1人で駅に行った。 
駅のホームに着いて、いつものように電車を待っていると、 
スーツを着た見知らぬ中年男性が私の所に来て 

「あんた○○ちゃん(父の友人・知人が父を呼ぶ時の愛称)の娘さんかい? 
お父さんにソックリだからすぐわかったよ~アハハ、これから学校?がんばってね(笑)」 

と話しかけられた時は、そんなに父に似ているのかと、 
当時の私には衝撃的だった。 
家に帰って父に朝会った中年のオジサンのことを話すと 
「あぁ、その時間だとちょっと小太りで白髪交じりのオヤジだろ? 
××(愛称)だよ、オレと同級なんだよ(笑)」と。 
それで父と仲直りできたんですが・・・w

【修羅場?ほのぼの?】仕事でミスをしたので取引先に謝罪に行った→社長室で専務からミスについて怒られた→だが!専務の後ろにいた社長がwww

837: 名無しさん@HOME 2012/01/17(火) 16:55:51.02 0
先日仕事でミスって取引先に迷惑を掛け、謝罪に行って来ました。 
社長さんは物凄く気さくな方で普段からとても良くしていただいており、自分が訪問して担当者と打合せしてると社長自らお茶とお菓子3人分持ってきて雑談始めるようなお茶目な方でした。 

社長室にノックして入室。堅物で仕事完璧の専務さんが仁王立ちしており、その奥のデスクに社長がいらっしゃっいました。 
「この度は申し訳ありませんでした!」と開口一番頭を下げると、専務さんから「お宅とは長い付き合いだけど~~」とお説教を始められました。 
こちらのミスですし全く言い訳の仕様もなく、ひたすら「申し訳ありません!」と聞いていたのですが・・・専務さんが怒る後ろで、社長さんが変顔。 
「本当に申し訳ございm…ウブフゥッ!」 
みたいな変な声で噴出してしまい、慌ててうつむく自分。 
ここで笑ったら当然専務さんブチ切れる、下手したら取引停止かも・・・と必死で堪え、泣いて誤魔化す事に。 
社長さんは専務さんに怒られてる自分を気遣ってくれてるんだなぁ、と考えてると自然と涙が出てきたので、よし誤魔化せたと思って顔を上げると、専務さんの後ろでヅラを(わざと)ずらして物凄い良い姿勢ですまし顔の社長さんと目が合い、轟沈。 
当然専務さんブチ切れだけど、自分の視線が専務さんじゃなくて社長さんを見ているのに気付いて後ろを振り向く。 
「君は一体何を笑って・・・!ちょっ、お義父さん!何やってるんですか!!」 
苗字違うから多分専務さんは娘婿なんだろうな。そんな専務さんを社長が一喝。 
「ここではお義父さんと呼ぶな!」 
慌てて言い直す専務さん。 
「し、失礼しました、社長」 


「パパと呼べ、パパと」 
専務さんも轟沈。 

その後怒られてるはずなのに和やかムードになってしまい、「あぁもう、今回はもう良いから、次からちゃんとやってください」と専務さんに言われて終了。 
今日になって打合せで訪れた際社長さんに改めてお礼すると、「だって、専務の話長いしつまんないんだもん」との事。 
この会社の離職率が業界平均より異様に低い理由が何となく分かった。 
でも笑っちゃいけないと思えば思うほど我慢できなくなっていくのが本気で修羅場だった。

【笑霊体験】夜中に火事があった近所の家→焼け跡から、自宅で個人塾を開いてた爺さんの遺体が見つかり&数年後、焼け跡は公園になった→だが!この公園には・・

26: 2014/09/12(金) 04:48:42.14 ID:NFI68F2L0
10年くらい前に、近所で火事かあった。 
夜中だったけど、サイレンの音で起こされてベランダから見ていたら、類焼の恐れがあるからって避難させられた。 

焼け跡から、教員定年後に自宅で個人塾を開いていた爺さんの遺体が見つかり、火元は爺さんの寝煙草だった。 
それから数年、爺さん宅の焼け跡は小さな公園として遺族が整備し、解放してある。 
所詮は個人宅の跡地、大した広さはなく、小学生が数人で遊べるレベル。 

町内会の掃除の時に子供から聞いたのだが、この公園には爺さんの幽霊が出るらしい。 
普通の爺さんの格好で、「勉強で分からない所はないか?」と聞いてくるという。 
教科書とノートをベンチに広げて爺さんに教えて貰い、勉強に夢中になっているうちに、いつの間にか居なくなっているらしい。 
それで実際に、落ちこぼれ児が勉強得意になったと言うから驚く。 
その子が道徳の時間に「公園の掃除をしたい」と言って、学級全員で大掃除をしたこともあるらしい。 

経営していた個人塾で、不登校児を更正させたり、家庭環境の悪い子の勉強の場として解放したり、夫婦喧嘩が始まった時の避難先に使わせていたり、勉強より世話上手で知られていたが。 
死んで何も無くなっても、知識は財産だよ、って爺さん幽霊がそう言ってたーと無邪気に笑う子供が眩しかった。 
そういえば、公園のすみで一人でエグエグ泣いてる女の子とか、ベンチにノート広げて勉強してる子とか、たまに見る気がする。 

爺さん・・・生きているうちから凄い人だったらしいけど、死んでからも凄いよ。 
死後10年経ってもまだ、爺さんに頼る子供が居るんだからね。

【子供】子供嫌いだった私→だが!塾講師のバイトをして、結構好きになった→さらに!奴らが私と・・

4: 2011/02/25(金) 15:46:19.19 ID:YwN9R4gd
私も子供嫌いだったけど、塾講師のバイトして、結構好きになったよ。 
好きっていうか面白い存在。奴ら私と互角に渡り歩くw私がガキなだけかw 
反抗期の中2女子も、生意気さかりの小2も可愛かった。 
一言一言が面白い。 
今隣の家で0歳児いるけどめっちゃかわいい。ギャーとかないても可愛い 

【修羅場】ギックリ腰で道端にうずくまってた私→その時、2人組のエホバの人が私を助けてくれた→さらに!今も家の外で・・

854: 2017/08/08(火) 11:59:43.19 0
昔、ギックリ腰で道端にうずくまってたら助けてくれたのが 
2人組のエホバの人だったので悪い印象はないw 
今も家の外で車やバイクいじり中にエホバの人が通りかかると、 
冊子をもらって世間話してるわ、勧誘されたことはない。

【笑霊体験】1人で家にいた時に天井裏等からガタっ&カリカリ等と音が聞こえた私→慌てて家に何か被害が無いかチェックした所何もなかった→だが!その日の夜、突然!現れたのは・・

92: 2012/08/09(木) 08:17:48.82 ID:r8CkAYjA0
動物繋がりで一つ投下 

3年ほど前の事 
家で一人でいると、物陰やら天井裏やらがガタッとかカリカリカリとかいう 
最初はネズミかなー やだなー とか思っていたが 
ネズミじゃない 
歩幅・感覚・音の大きさがでかい 
ハクビシンか!?とあわてつつ家に何か被害が無いかチェックしたところ何もない 
仏壇のお供え物にも変化無し 
何なのだ、と帰ってきた家族と共に首をひねって考えていた 
(※家族も、一人で家にいるときに同じ現象が起きていた) 


確認した翌日の夜、ベッドでさあ寝るかと横になっていた時のこと 
(´・ω・`)<おどろかせてごめんね いごこちよかったの 
とたどたどしく 猫 がしゃべった 
うちは猫は飼ってないし、家の中に入れるような侵入経路もない 
呆然としてその猫を見てると 
ごめんちゃい、とばかりに頭をぺこりと一つ下げ 
(*・ω・)<これからこのおうちにいいことがあるよ! 
と一言告げてしゅるりと透明になった 

一つ、肉球あしあとを残して (´∀`*) 

翌週結果発表のジャンボで2等当たりました 

現在も物音は続いており、先日はその幽霊猫さんは祖母と一緒に眠ったらしく 
「もふもふしてぬくいのに、不思議と暑くなかった」 
と祖母は幸せそうに語っておりました 

座敷童ならぬ座敷猫のお話でした
お知らせ
サイト名を「鬼女ライフハック」→「オンナの本音」に変更しました。サイトURL・RSSは以前と同じです。

トップ絵ギャラリー
9ab7ff15
header
記事検索
Twitter プロフィール
2ちゃんねる生活系まとめサイト「オンナの本音」の公式アカウントです。サイトでは女性の衝撃体験・悩み・愚痴など実際の体験談を記事にして公開しています。旧・鬼女ライフハック。
記事検索
最新記事
アクセスランキング
ブログランキング