オンナの本音|2ch生活まとめ-鬼女ライフハック

家族

【復讐】喧嘩して弟に落ち込まれる事を言われた私→ショックを受ける前に復讐に走った結果→弟のPCのファイルの中にあったのは・・・

111: 本当にあった怖い名無し 2011/07/23(土) 20:46:15.58 ID:k5gqfS/H0
今やってきたどうしよう・・・弟にやった。 
喧嘩してウチが言われたら真剣に落ち込む言葉を言われた。 
そこでやった。 
・適当にブラクラを印刷しまくって弟の部屋にしのばせる 
・弟の携帯の待ちうけをブラクラに変更 
・弟のPCの待ちうけを(ry 
・弟のPSP(ry 
先輩方を比べると軽いかもしれないですけど。 
ただ言われた言葉ってのが昔いじめっ子に言われてトラウマになっててさ 
そのこと知ってるのに・・・口喧嘩で不利になったから言ったみたい。 
言われた後普段なら部屋に三日は引きこもるのに、弟に言われるとは思ってなかったから 
ショック受ける前に復讐に走ってしまった。 
ちなみに弟は重度のシスコンでさ、その事で喧嘩してたんだよね・・・ 
まさかPCのパスが私の誕生日でファイルの中に私の隠し撮りがあるとは思ってなかった・・・ 
まあ全部ブラクラに変えたけど

【黒い過去】子供時代に虐待され、怒鳴ったり殴られたりして育った私は、そのうっ憤を優しい姉に全てぶつけていた→その姉が20代になって就職した頃に・・・

142: 可愛い奥様 2010/12/21(火) 18:47:00 ID:3z9TUDYd0
子供の頃、毒親に軽く虐待されて育った 
持病の喘息で親に迷惑をかけていたので、姉妹の中でもひと際うとまれていて、 
よくまっすぐ立てない位ゼーゼーいう状態でも「1人で病院に行け」と叩きだされて、 
通行人に救急車を呼ばれたりした 
病院についた時には更に悪化していて、死ぬ一歩手前の状態で救急治療室に運ばれ 
、親が医者に激怒されたりもしていた 
エリート志向の家で、成績がクラスで一番じゃないと、髪をつかんで家中引きづり回され、 
怒鳴ったり殴ったり(見えない所限定)されて育った 
だからそのうっ憤を、全て姉にぶつけていた 

姉は大人しくて素直で優しい人だったから、親の言う通りに勉強も何も頑張り、 
私にもいつも優しくしてくれていた 
でも私はそんな姉といつも競っていて、姉が自分より出来ないことは馬鹿にしたりてたし、 
気分によってなついて甘えたり、罵倒して傷つけたりしてた 
そんな姉が、20代になって就職した頃、統合失調症を発症した 

姉は優等生で社会的にもエリートと言われる職種についてるけど、 
今でも薬が手放せず、薬を辞めると被害妄想に陥って苦しんでいて、 
未だ独身なのは私のせいなのが大きいと思う 
今でも姉とは仲が良いけど、会う度に苦しいです

【因果応報】コミュ力の高いが陰湿な意地悪を何度もしてきた姉→障害者になった私をバカにした→だが、彼女が結婚し出産した時に生まれてきた子供が・・・

4: 3/1 2012/09/07(金) 03:36:53.16 ID:aGmx6/QI0
3歳年上の姉の話。 

私の姉は可愛くて勉強も出来、人当たりの良いコミュ力の高い人。 
 でも私には影で陰湿な意地悪を沢山してきた人でした。 
 俗に言う綺麗に汚い事を上手にできる人。 
 そして何より人の不幸が大好きな人でした。 
 勉強の出来が良くない私をバカにして 
 10代の時に病気が原因で障害者になった後もお約束通り障害の事を貶してきたりと。

41: 可愛い奥様 2012/09/17(月) 12:42:14.33 ID:OHlw8VKP0
>>4 

苦しい目にあったね、 
私も同じように足に障害があり年上の姉たちにいじめられました。 
親の教育も悪いからそうなったのだろうけど 
今もう何十年もたって彼女たちはどうなったかというと 
ひとりは自殺、ひとりは過疎地帯の田舎に住みアル中で自分の子供からも 
相手にされてません。 
私は同じ障害のある人と出会い都会の自宅に住んで 
義両親にも大事にされてます。 
あの人たちってやっぱり因果応報なのかしらんねww 
時々電話がかかって私に話しを聞いてもらいたいようだけど 
もうおそいよ、自分たちが若い時何をしたか思い出せばいいのに。

【修羅場】ヤメ検の弁護士だった父→フィクサーに目を付けられ脅されたりして多額の借金を背負ってしまい自己破産→母にも見切りを付けられた父が最後の夜にした事とは・・・

26: 名無しさん@HOME 2014/11/27(木) 20:15:55.58 0
父が破産して一家心中を図ろうとした。 
父は所謂ヤメ検の弁護士だった。その人脈や経験から地下社会との交流を通し莫大な富を得ると言うような絵空事を描いていたみたい。 
でもそんな高官エリートの思い込みの典型である父にとある企業のフィクサーが目を付けた。騙され、脅され、結局多額の借金を背負うことになって自己破産。 
弁護士免許も無くなり、父は自暴自棄になった。 

そんな父に見切りをつけ、母は離婚を決意し父も従った。同居生活最後の夜に父はガス栓を捻り心中を図った。

【ずうずうしい】甘えん坊従弟に私「従姉は16年間、あんたらに尽くしたんだから解放してあげて」→従弟「母なのに女でありたいなんて!」と重度のシスコン従弟→呆然した私は・・・

183: 名無しさん@おーぷん 2014/07/06(日)11:50:23 ID:???
シスコンの甘えん坊だとは知っていたがまさかここまでとは…と呆然。
私「従姉ちゃんは16年間、進学もあきらめてあんたらに尽くしてきたんだよ。もう解放してあげてもいいじゃん。
従姉ちゃんだって自分の幸せが欲しいんだよ」
従弟「俺たちといてねーちゃんが幸せじゃなかったっていうのか!」
私「そうじゃなくて、女としての幸せを…」
従弟「母親なのに女でありたいなんて、テレビのたわごとだ!!」
私「いやいや、従姉ちゃんはあんたのお母さんじゃないから。姉だからね」
従弟「(ややトーンダウン)それはわかるよ。わかるけどさ、そういう問題じゃないんだよ」
私「じゃどういう問題なの」
従弟「そうじゃなくてさ、そういうのは屁理屈って言うんだよ」

ああだめだこれは…と思い、「ねーちゃんを説得してくれ」という従弟を振りきって帰宅。
従姉を不憫がって可愛がっている本家祖母と、総領の伯父に
即効で電話しておいた。
総領伯父が「悪いようにしてないから任せておけ。あいつ(従姉の父のこと)ももし結婚に反対するようなら
俺が父親役として話を進めてやる」と請けあってくれて一安心。

従姉の女として一番いい時期におさんどんさせておいて
結婚、出産すら許さず今後も人生食いつぶす気だったらしい従弟のずうずうしさに唖然とした。

【衝撃的】旅行の当日に父が車を出すはずが、車故障→父「タクシーで行け」→一緒になる友達と友達親も家に来て、弟も出ていた→私「いってきまーす」→『ドーン!』私「Σ(゚Д゚)」

98: 名無しさん 2014/04/15(火)11:13:14 ID:???
>>61読んで思い出した。それ系のエピソードを耳にするといつも思い出すんだけど。
阪神震災時の話。

飛行機利用の旅行だった。
早朝一便で当日父が車を出してくれる予定…なのに
たまたま当日に故障…父と私がバタバタしてたからか母も起き出して
最後は「しょうがないタクシー行きなさい」ってなった。

一緒に旅行する近所の友達が、早朝ウチに来た。ナゼか親も一緒にw
「私父さんがわざわざ車を出してくれるから」とお礼を兼ねて見送りに来たとか。

「大袈裟だ!」と友人は顔を赤くしてた…物凄く覚えてる。
呼んだタクシーが来て、私、友人、両家の両親が家の外へ、
そこにナゼか、たまたま目が覚めた弟も見送りに出てきた。

絶賛反抗期だった弟…普段あんまり仲良くなかったんだけど
「あーなんか気ぃつけて行ってこいなー」とか言ってビックリした。

タクシー乗り込んで「いってきまーす(^ ^)ノ」言った瞬間

ドーン!!と来た。
ひゃあああ!って思いつつ頭抱え込んで震れがおさまるまで待った…
静かになって…恐る恐るタクシーが出たら、ウチが半分ペシャンコになってた。
私ら一家声も出なかった。

友達のウチは全壊。

あのまま弟は目覚めてなかったら、気紛れ起こして家の外に見送りに来なかったら…
車が故障しなかったら…母も起きてこなかったら…
死まででなかったにしても、大怪我していただろう。

友人両親は「見送りに行かんかったら、確実に死んでたわ!」と未だに言うそうだ。
(ベッドに大型箪笥がモロ倒れこんでいて、その上に二階が落ちていたとか)
弟に後日「なんで見送りに出てきてくれたん?」と聞いたら

弟「なんかフッと目が覚めて、見送りせえへんかったら
  もう二度とお姉ぇの顔見られへんって思ってん」

虫の知らせみたいなもんだったのかな。
なかなか結婚できないのは、震災時に運を使い果たしたから!と言い訳しながら、
弟は元気に今日も仕事と婚活に励んでいる。

【修羅場】妹夫婦に援助を頼まれる→私「お断りします」→妹夫婦が離婚した後、娘を妹が引き取る→ネグレクトになり、妹が逃亡→実家に預けられた娘のことで呼び出された私は・・・

77: 名無しさん@おーぷん 2016/10/05(水)22:10:08 ID:0JL
最近何処かのまとめサイトで「夢の結婚式のために貯めた1千万を姪の治療費に渡す」という話を見て、色々と思い出したので書き込みます。
私の話はそれとは真逆です。つまり姪を見殺しにしたという話です。不快に思う方はスルーして下さい。オッサンの独り語りです。
10年以上前、ある日妹夫婦から生活の援助を頼み込まれました。
当時彼らには小さい娘がいたのですが、旦那がクビを切られどうにもならなくなったということでした。
私は当時(今もずっとですが)独り身で、自分で言うのもなんですが大きな会社に勤めてそれなりの稼ぎを得ていたので、当てにされたのだと思います。
そのとき私と彼ら夫婦の3人で話し合いの場を設けたのですが、結局援助は断りました。
具体的な話し合いの内容までは流石に覚えていませんが、断った理由ははっきり覚えています。
私は金を貸すつもりだったのに彼らは金を貰う予定だったため、最後まで折り合いがつかなかったからでした。
結局彼らはそのまま離婚し妹が娘を引き取ったもののいわゆるネグレクトになり、妹が実家に娘を置いて夜逃げ同然でいなくなったため、
娘は田舎に住む私の母(当時父は既に他界)が面倒を見ることになりました。この辺りは伝え聞いただけなので詳しい流れは分かりません。
元々私自身家を出てからあまり家族付き合いはしていなかったので。
それからしばらくして、その娘のことで親戚一同話し合うからお前も来い、と実家に呼び出されました。
実家での話合いは、娘の養育が母の(年齢・金銭の両面で)負担になっているため親戚の誰かが引き取るか決めようとのことでした。
そのとき強く記憶に残っているのは、話合いの頭で「引き取った家族に私が毎月幾らの援助をする」ということが既に決定事項のように伝えられたことでした。
その後の話合いでもその場にいた全員から、金だけ出して口は出すなという無言の圧力を受け、私は静かにブチ切れていました。
結局話合いの途中で「金づる扱いされるだけなら自分はこの話に一切関わらない」と吐き捨ててその場から逃げ、その後親戚とは一切の連絡を断ちました。
断ったつもりだったのですが、それから数年して連絡が入りました。あの娘が交通事故で亡くなったという知らせでした。
結局あの話合いの後も母が面倒を見ていたそうです。そして母が一瞬目を離したすきに娘が道路へ飛び出したとのことでした。
娘の葬式にも妹もその元夫も帰ってきませんでした。母がボロボロに泣いていたのが印象に残っています。
スポンサードリンク
お知らせ
サイト名を「鬼女ライフハック」→「オンナの本音」に変更しました。サイトURL・RSSは以前と同じです。

トップ絵ギャラリー
9ab7ff15
header
記事検索
Twitter プロフィール
2ちゃんねる生活系まとめサイト「オンナの本音」の公式アカウントです。サイトでは女性の衝撃体験・悩み・愚痴など実際の体験談を記事にして公開しています。旧・鬼女ライフハック。
記事検索
最新記事
アクセスランキング
ブログランキング