オンナの本音|2ch生活まとめ-鬼女ライフハック

修羅場

【修羅場】中学からヒキニートと化している同級生の男→結婚の挨拶を同級生の母にすると、母が「うちのムチュコタンと結婚するんじゃないの!?」と発狂→部屋から召喚したのは・・

317: 名無しさん@HOME 2013/11/30(土) 10:16:59.38 0
実家は築30年近いマンションに新築当初から住んでいた 
好立地なので住民の出入りは少なく、昔からの顔なじみが近所にも多い 

今から数年前、旦那と結婚が決まって家を出るので近所に挨拶に行った 
少し離れた階に中学からずっとヒキニートしている同級生の家があって 
そこの母親とも顔を合わせば挨拶をする仲なので家に行って挨拶をした 
するとそこの母親が発狂してキチと化した 
「あなたはうちのムチュコタンと結婚するんじゃなかったの!?」 
「幼稚園の時、公園で遊んでてあなた言ったわよね?『あたし○○くんのおよめさんになるー!』って!」 

小さい頃一緒に遊ぶ仲だったのは事実なので記憶にないだけで本当に言ったかもしれない 
けれど何も知らない子供が言ったことを二十年以上経っても真に受けてるって… 
頭が真っ白になっていると、キチはムチュコタンを部屋から召喚 
中学の卒業式以来十数年ぶりに見た彼は、不自然に色白でブクブクに太っていて異様に体臭がきつく 
髪の毛は薄い上に伸ばしっぱなしでゴムでくくっていて無精ひげ 
ネットで見たどのキモヲタの画像よりもずっとレベルの高い外見になっていた 

キチが「私ちゃんが他の男と結婚するのよ!引き止めなさい!」とヒステリックに叫ぶと 
めちゃくちゃどもりながらも私の好きにしたらいい、結婚おめでとうと言いキチ母の行動を全否定した 
発狂するキチを放置して家へ戻り、一部始終を親へ報告していると家に凸 
「この裏切り者!慰謝料払え!死ぬまでムチュコタンに送金して養え!」と叫びつつ 
ドアをゴルフクラブで破壊しようとしたので警察を呼んでお持ち帰りしていただいた 
その後スピーカーおばさんを含む隣近所には母がしっかり根回ししてくれた

【修羅場】不倫相手の既婚者Aと別れた彼→Aを忘れられない彼「会おう!」と年に1回くらいで会っていた→何も知らない私はブログに毎日の出来事をあげていたら、ある事がバレて・・・

60: おさかなくわえた名無しさん@転載禁止 2014/04/14(月) 04:31:11.59 ID:6YSJ2nJb
昔、付き合っていたモラハラDV底辺メンヘラ元彼氏と 
元彼氏が私と付き合う前に、不倫して妊娠中絶させた既婚者Aとの出来事。 


彼とAは不倫して別れた後も、 
Aの事が忘れられない→忘れて→忘れられないせめて供養に→じゃあ会おう!って連絡を取り合って年に1回くらい会ってたらしい 


もちろんそんな過去と現状を知らない私はブログに毎日の些細な出来事をあげていた。 
それでAに元彼氏と私が付き合っていることがバレて「私の事を忘れて何楽しそうにしてんのよ!!キーッ!!」って乗り込まれた(片道100キロ以上ある) 

A・A旦那・私の3人で話し合いしたのがまだ若かった当時の私には最大の修羅場だった 
(ちなみに元彼氏はA旦那を怖がって自宅に籠城) 


その後、警察沙汰になったり、Aに粘着されたり、彼氏に暴言吐かれたり 
他にもいろいろあったけど元彼氏の同級生や友人に根回しして別れた。 



一生粘着しあってろ!と思い別れたものの、洗脳されてお花畑だった当時の私をぶん殴ってやりたい。

【修羅場】小学生の時の私→帰宅して玄関の鍵を開けて締めようとしたら、いきなり変質者がドアを「ガッ!」と開け・・・・

29: おさかなくわえた名無しさん@転載禁止 2014/04/02(水) 23:54:49.39 ID:EqTgfwB9
20年近く前のことです。 
長文になりますが、私も投下させてください。 
自分が小1くらいの時、学校から帰って玄関の鍵を開けたら知らない男(以下「変質者」)が無理矢理押し入って来た。 



その日は弟の幼稚園バスのお迎えの時間と私の帰宅時間が重なる日で、私は自分で鍵を開けて家に入るように言われていた。 
そういう日は鍵を首から紐で下げて、鍵が見えると危ないので服の中に隠していた。 

私の家はマンションなのでエレベーターに乗る。 
その日は私と、一緒に帰ってきた同級生と、ほかにも大人が数名乗り、私が降りる階で変質者も降りた。その階で降りたのは二人だけ。

30: 29@転載禁止 2014/04/02(水) 23:59:56.22 ID:EqTgfwB9
変質者は私に付いて降りたわけじゃなく、私よりも先に降りて私の前を歩いていたので、まさか不審者とは思わなかった。 
ただ、やたらとキョロキョロして、立ち止まって景色を見たりしていたので、ちょっと「?」とは思ったけど。 

変質者は私の家の玄関を通り過ぎて少し先に行っていた。私は玄関に着いたので鍵を出して開けて入った。 
すると、ダッシュで戻って来たのだろう変質者が私の後ろで閉まるはずのドアをガッと開けて押し入ってきた!! 

私はビックリし過ぎて固まり声も出せなかった。 
変質者は玄関で私のランドセルを下ろさせ玄関から一番近い部屋に連れ込んだ。 
私は声も出さなければ抵抗もしなかったと思う。 
私はその部屋のドア近くの壁際に立たされ、変質者が私の腰を両手で押さえ、膝をついて私の顔を見上げた。 
何が何だかわからずに、私も変質者の顔を見つめた。

【泥ママ】SCの飲食店で通路側の若い女性のアイスを子供がかっさらった→女性が追いかけて取り返したら、泥母「泥棒!」「子供から盗るなんて!」→すると無言だった女性が・・・

294: 名無しの心子知らず 2014/01/20(月) 11:27:40.14 ID:jrPX1JAU
ついさっき泥親子vsDQNの修羅場を目撃。 
近所のSCで買い物して、飲食コーナーで珈琲飲んでた。そこに某アイス屋も入ってる。 
私からちょっと離れた通路側の席に、20代前半くらいの若い女性がアイス持って着席。その隣の席に50代くらいのマダムっぽいオバサマ。 
女性がバッグから何か出そうとアイスをテーブルに置いたら、通路を通りがかった母子連れの子供(多分4~5才?)がサッとアイスをかっさらった。 
気付いた女性が追いかけて子供の手から取り返したら泥母が「泥子のアイスとった!泥棒!」「子供から盗るなんて!」みたいな事を喚きだした。 
女性は表情見えないし無言で、マダムが「お子さんがこの女性のアイス持って行ったんですよ?私見てましたよ」と声をかけたら、グルだなんだとヒートアップ。 
子供は上目遣いでじとっと女性を睨んでた。 
そしたら無言だった女性が急に椅子に座って、アイスをボトッと床に落とした。 
泥親子マダムポカーン。 
女性は靴でアイスを踏んでのばして、つま先にアイスを付けて、それを子供の前に突き出して「アイスも買えねーコジキ泥棒に恵んでやるよ、オラ、舐めろ」 
一瞬固まった泥母が「なに@%◇#」と叫ぶ 
女性が「盗んででも欲しかったんだろ」と子供の服につま先アイスグリグリ 
マダムはワタワタしてて子供は泣きそう 
泥母が女性の足を叩き下ろして、胸ぐらつかもうとしたけど女性はよけてアイスを拾い、前に身を乗り出したままの泥母の顔面にアイスをグチャっと叩きつけた。 
後ろによろけた泥母を押しのけて、「おいしい?それ弁償しなくていいよ」とにこやかに笑って立ち去った。 
泥子が泣き出し泥母呆然。 
マダムはそそくさと離脱、短時間の事だったので警備員は来なかった。 
目が合ったら怖いんで私も早々に帰宅してきた。 
女性は普通のお嬢さんに見えたんだけど、見かけによらないね。

【修羅場】ヤメ検の弁護士だった父→フィクサーに目を付けられ脅されたりして多額の借金を背負ってしまい自己破産→母にも見切りを付けられた父が最後の夜にした事とは・・・

26: 名無しさん@HOME 2014/11/27(木) 20:15:55.58 0
父が破産して一家心中を図ろうとした。 
父は所謂ヤメ検の弁護士だった。その人脈や経験から地下社会との交流を通し莫大な富を得ると言うような絵空事を描いていたみたい。 
でもそんな高官エリートの思い込みの典型である父にとある企業のフィクサーが目を付けた。騙され、脅され、結局多額の借金を背負うことになって自己破産。 
弁護士免許も無くなり、父は自暴自棄になった。 

そんな父に見切りをつけ、母は離婚を決意し父も従った。同居生活最後の夜に父はガス栓を捻り心中を図った。

【修羅場】両親に絡んでくる義兄と義兄嫁→数年間Aの怒鳴り込みとBの強襲が続き→受験でピリピリの私はある夜、日本刀でABを・・・

34: 名無しさん@HOME 2014/11/28(金) 02:24:20.12 0
小学校時代に修羅場を体験?した話 1/2 


父には義理の兄的存在Aがいた。父方の祖母の姉の子で、Aの両親は彼の幼少時に事故死。祖母の実家で育てられてたけど、昔の田舎の農家のこと、長男嫁からの虐待があって、いつも祖母の所に逃げてきてたらしい。 

Aは高校卒業後、市役所の公務員になった。そこで銀行勤めのBという女性と結婚し、家庭を持ったがBは仕事を辞めなかった。 

うちの父も苦学して数年後、同じ市役所に入職。直後に高校時代の親友の妹である母と結婚し、母も銀行勤めだったが退職して主婦になった。 

ここまでの人間関係が大前提ね。 


さて、小学生当時の自分にとって、うちの祖母を尋ねてくるABという夫妻は、とても奇妙な存在だった。 

まず、AB夫妻の子供(私と同世代の男の子二人)が異常。あいさつもせず口もきかず、いつも客間の隅っこでじっと膝を抱えて死んだような目をしてただすわってる。 
その頃、BにたいするAのDVが親族間で問題になりはじめてたんだけど、今考えると子供たちもAに虐待されてたんだと思う。 


自分が小学校低学年の頃、夜中にBが悲鳴をあげて家に逃げ込んでくることが度々(数ヶ月に一度)続くようになった。Aは酒乱で、Bを殴ったり蹴ったりを隠そうともしなくなったらしい。でも家庭の中だと、当時の警察は何もしてくれなかったそうだ。 

そのうち、虐待されて泣いているはずのBが父に媚びを売り出した。そして酒乱のAは何かと理由をつけてはうちの母に絡むようになった。 

多分理由は、若い頃のうちの父と母が誰が見ても美男美女だったからだ。 
Aは若ハゲのデブで父より出世が遅れ、Bは今で言うゴスロリ趣味に似たファッションセンスの不気味女で、銀行で若い子イジメを繰り返しては支店をたらいまわしにさせられるような性悪女だった。 

Aはその悲惨な生い立ちもあいまってうちの父への嫉妬をずっと持っていたんだと思う。また、Bは仕事をやめて主婦になったうちの母を妬んでいたのかもしれない。 

父も母もABになびく事はなかったけど、Bの夜中の強襲と酔っぱらいAの怒鳴り込みは数年間続いた。ある晩に修羅場が起こるまで。

【修羅場】モラハラ課長→独断で私に「緊急で仕事しろ」→私「部長サインがないと」「発注書確認が月曜日に」とわざとサボり→会社の客先から苦情が出てしまい、課長が・・・

31: おさかなくわえた名無しさん@無断転載は禁止 2016/09/30(金) 01:33:58.26 ID:OuWlRGw9
親会社のモラハラ課長。 
いつも親会社の権威をカサにきて無理強いする為、私の職場では嫌われている。 

先週金曜日にも独断で緊急仕事を無理矢理ねじ込んで来たので、部長サインのある発注書無しでは受けれませんと業務規定を盾に拒否。 
夜に発注書をメールで送ってきていたけど、「既に帰宅していたので確認が月曜日になりました」と意図的にサボタージュ。 
結果として納入が遅れて、親会社の客先からも苦情が出たらしい。 
これがモラハラ課長の陥った第1の修羅場。 

その課長とは別の親会社課長が、今週青い顔をしてやってきた。 
お客さんの都合で納期が早くなったとかで、何とか明後日までにできませんかと土下座しかねない状態でお願いしてきた。 
そこで工場の班長を会議室に呼んで事情を話し、班長の好物のアンパンを3人で食べながら善後策を協議。 
「お前がアンパンを出して来る時は、ロクな事がない」と散々文句を言われたけど、何とか協力して貰って納期内に完成。 
この事が親会社に知れ渡り、なんでお前は納期調整ができないのだと叱責されたのが、モラハラ課長の第2の修羅場。 

子会社の社員だって人間。 
ちゃんと敬意を払ってくれる人には全力で協力するし、そうでない人には面従腹背の対応をする。 
勤務先や役職を鼻にかけるだけ損をする事に、この課長はいつ気がつくのだろうか。
スポンサードリンク
お知らせ
サイト名を「鬼女ライフハック」→「オンナの本音」に変更しました。サイトURL・RSSは以前と同じです。

トップ絵ギャラリー
9ab7ff15
header
記事検索
Twitter プロフィール
2ちゃんねる生活系まとめサイト「オンナの本音」の公式アカウントです。サイトでは女性の衝撃体験・悩み・愚痴など実際の体験談を記事にして公開しています。旧・鬼女ライフハック。
記事検索
最新記事
アクセスランキング
ブログランキング