オンナの本音|2ch生活まとめ-鬼女ライフハック

結婚・結婚式

【衝撃】子供の頃から引っ込み思案で友達もいなかった私「やっと短大を卒業できたわ」両親「私子!この人と会ってくれないか?」私「え!?」→結果

85: 名無しさん@おーぷん 19/09/06(金)15:28:17 ID:CU1
私、先々月義母を見送ったよ。
亡くなる前の日に「ありがとね。あんたが娘になって良かった。楽しかった」って言われた。
私も義母さん、大好きだった。楽しかった。
もっともっと一緒に旅行とかしたかった。
義母の前には義祖母、その前には義祖父、その更に前には義曾祖母、
みんな見送った。
みんなみんないい人だった。
義母だけは病気で亡くなったので、本当はもっと一緒にいれたのにと残念だけど
最後に言ってくれた言葉で、義母が幸せだったのなら良かったと思うことにした。

私、子供の頃から引っ込み思案で友達もいなかった。
何か話しかけられても挙動不審みたいになって、上手く話せなくて。
ひとりで黙々と何かを作るのが好きだったから短大の家政科に進んで
その方面で手に職を付けて一人でも生きていけたら~って思ってた。
自分の容姿にも自信がなかったから、異性を好きになることもなかった。
はなから相手にされると思ってなかったし、
そんなだから、結婚なんて出来ないと思ってたし。
たぶん両親はそんな娘をどうにかこうにか結婚させるには
若さが武器になるうちにとでも思ったんだろう。
短大を出てすぐに見合い話をもってきた。
相手は一回りも年上の専業農家の跡取り息子。
車があれば不便ってことはないけど、すごい田舎で遠かったのが
私にとっては逆に良かった。
あまり学生時代の同級生に会いそうにない場所だったから。
でも写真見たらどうせ断ってくるんだろうなって思ってたんだ。
ところが、あれよあれよという間にお見合いの日取りが決まって
会ってみたら、相手も大人しい人でモジモジしてて
途中からふたりだけにされたけど、ふたりでモジモジ合戦みたいになった。
そしたら急におかしくなったらしくて相手がプッて噴出して
それに釣られて私も噴き出して、なんかお互い「こういうの苦手ですね」って言い合った。
あ、なんかこの人と結婚決まるかもってその時思った。
そしてそのまま半年後には式を挙げた。
結納まで一ヶ月ぐらいしかなかったけど、全然嫌じゃなくて
心地よく流された、って言う表現がぴったりくる感じ。
不安とか全然なくて、これが“縁”と言うものなのかなと思った。

【困惑】実家で私「彼氏のご両親がお母さんと継父に挨拶したいって!それに結婚式を挙げる事も少し視野に入れてるわ」母「結婚式を挙げるのはいいけど..」私「( ゚Д゚)」

44: おさかなくわえた名無しさん 2013/10/16(水) 12:23:53.79 ID:QhpWQCN5
初めて書き込みます。
おかしな所がありましたらご指摘下さい。
私18歳(家事手伝い)
彼27歳(会社員)
交際もうすぐ3年
同棲8ヶ月。継父についてです。
先日今の彼と結婚する事になり彼の両親の元へご挨拶に行きました。
籍だけ入れて結婚式は挙げないと言う旨を伝えたのですが彼の母親に
「籍を入れるなら結婚式も挙げた方がいい」「籍だけ入れて結婚式を挙げないのはおかしい」
と言われ漠然とですが、結婚式も視野に入れて考え始めました。
その後、彼の親から私のご両親に挨拶がしたいから都合のいい日を教えてね
と言われ、母に電話しました。
母と継父の都合のいい日をきき、結婚式を挙げることも少し視野に入れていると母親に話しました。
その時母からは「結婚式挙げるのはいいけど誰かからお金を借りたりしないで自分たちのお金で挙げなさいね」
と、言われるだけでした。その数時間後、継父から電話が掛かってきました。
内容は「お前も働け」との事で継父の言い分を要約すると
・金を稼ぐ苦労も知らないで結婚式なんか挙げるな
・お前は世間を知らないんだから外に出て最低1年は働け
・お前の彼氏の両親なんてあいさつに来なくていい
・籍を入れるのはいいけどお前が働くまで結婚式は挙げさせない
と、言われました。私の言い分としては
・家事手伝いでいいと彼も言っている。(これは同棲前から彼と話し合っていた)
・今は家事をやりたい。
・結婚が決まっているのに彼の両親が私の親に挨拶に来ないのはどうかと思う
と言ったのですがあまり聞く耳持たずです。
元々私は家事、彼は仕事と2人で決め私の母にも向こうのご両親にもその話はしましたが3人ともそれでいいと言ってくれました。
唯一反対しているのは継父だけです。何か、説得する方法はないでしょうか
スレチだったらごめんなさい。

【驚愕】私「旦那、結婚って男性にメリットあまり無いよね」旦那「え?なんでメリットがないと思うんだ?オレは..」私「えぇ!それ本気で言ってるの!?」→結果

142: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/02/02(月) 20:32:18.46
結婚ってさ、結婚してる私がいうのもなんだけど、男性にメリットあまり無いよね。
子供が欲しいとかそういう理由が無いと結婚ってしない方が男としては人生が面白おかしく有利に運びそうだし。
女性にとっての結婚っていうのは収入とか育児とかそういう事考えるとメリットだらけだけど。
結婚を実際にしてみるとわりと様々な点で楽しい思いできるし、うちの旦那とかも子供と同じレベルで
遊ぶのすごい楽しいみたいな感じだけどこれが「子供いらない」ってなった場合に「男性にとっての結婚とは?」っていう疑問があるんだよね。
そういう理屈じゃない部分ってのは確かにあるとは思うけどね。
そりゃ趣味には干渉される、収入は自分のためには使えない、さらには育児、家事分担しろと言われる。
男性にとって本当に結婚ってなんぞ?っていう。
結婚は人生の墓場みたいな言葉もあるけど男性にとっての結婚のメリットって本当に少ないと思うんだよね。社会的にも。
彼氏彼女の関係で良いことない?ってなる男性は多そう。
けじめを付けないとならないってのは「女性は婚期逃すとわりとピンチ」って背景があると思うんだけど男性は一人でも十分に生きていけると思うんだよね。
女に比べると結婚にがっつく必要ないと思うの。そりゃみんな結婚しなくなるよなと。
晩婚化がーとか少子化がーとかよく言われるけど、仕方ないと思うんだよね。
先に書いたように男性にメリットがあまりにも無いし、さらには教育費などの出費を考えると
とくに「ワーキングプア」とか呼ばれるような人たちが結婚できないってのは「金が無いから」っていう一点突破できると思うんだよね。
もっと法律的に男性にとってのメリットがある形にしないと晩婚化も少子化も止まらないと思うよ。
私は頭悪いから何をどうすれば解決するのかなんてわからないけど。
もっと男性が「結婚してよかった」って思えるような社会構造じゃないとどうにもならないんじゃないかな。
つまり何が言いたいかというと、旦那からプロポーズされて結婚して子供二人作って主婦として幸せに暮らしてる私はとてもラッキーだし
旦那にはいくら感謝してもしたりないって事( ??^)。だから「結婚なんてするんじゃなかった」って思わせないように男を立てるし旦那を全力でバックアップする。

【修羅場】結婚式の途中、知的障害の新婦妹「〇お兄ちゃん、気持ち悪いのは秘密なんだって」新郎「でたらめだ!」新婦父「新郎!貴様ァアアーー!バキッ!(新郎を殴る」

989: おさかなくわえた名無しさん 2019/11/14(木) 20:54:41.53 ID:MAmCzaeq
会社の同僚の結婚式に出席。途中で破談になり、食事会になった事がある。

新婦には知的障碍を持った妹がいた。身の回りのことは自分でできるけど、知能は子供で止まってる。
ニコニコ笑っていて、素直で大人しい。式にも来てた。
新郎はそれ込みで結婚OK。
新郎君は立派だという話しだったのだが、式の途中で新婦妹に手を出してたのがバレた。
○○お兄ちゃんは誰にも言っちゃ駄目だって。秘密なんだって。と問われるままに無邪気に、暴露した新婦妹。
気持ち悪いのは秘密なんだって。お姉ちゃんに知られると、○○ちゃん嫌われちゃうって。
と聞かされて蒼白になる新婦。出鱈目だと火難とか喚く新郎。
新郎を殴りつける新婦父を、喧嘩しちゃ駄目だよ。と取りなす新婦妹。
もうしっちゃかめっちゃか。

新婦も新郎も両家親族も席を外し、司会が取りなし、暫くして食事会に移行。と告げられた。
蒼白の新婦母親が列席者に挨拶して、祝儀は後日お返しますと。謝罪。
結局新郎はその後会社に出社せずに自主退職した。新郎母親が辞表を郵送してきたそうだ。

【恐怖】友人Aの披露宴に出席した自分→友人A「今回来てくれてありがとう!」自分「A!結婚おめでとう!(怖いわ..Aの披露宴で..」→結果

926: 名無しさん@おーぷん 19/09/30(月)18:55:42 ID:rk.1k.L6
この間、学生時代の友人Aの披露宴に出席してきた。
披露宴に出席するのは友人Bに続いて二度目の出席なんだけど、
前回招待されたBの披露宴の引き出物が、気が遠くなるぐらい重くて
遠方から出席したので正直まいった。
砂糖を固めて鯛とか松竹梅の形にした詰め合わせとか、フルーツの詰め合わせとか、1段がまるまる赤飯のお重とか
なんか重たいものばっかりな上に、軽いとはいえ嵩張るタオルケットもあって
そこそこ混んでる新幹線で買えるのが本当に大変だった。
なので今回のAの披露宴も正直ビクビクしてたw
彼氏の地元が香川だったので、うどんの詰め合わせとかだったらどうしよう。
つゆ付きだったら更に重いんだろうなぁ。うどんは好きだけど重いのはいやん。とか思ってた。
そしたらカタログギフトとおいりって言う超軽量のお菓子だった。(おいりうめーw)
聞けばAの結婚披露宴は殆どが高齢者だったり県外からだったりなので
負担のないように軽量を意識して選んだんだって。
ひとくちに披露宴って言っても色んなパターンがあるんだね。
自分の時の参考にしたいと思う。

【苦悩】お見合いでことごとく断られた私「伯母さん、私の何がいけないんだろう?」伯母さん「うーん、もう少し..」私「え?それって何!?」→結果

478: 名無しさん@おーぷん 20/04/11(土)15:49:57 ID:7zA
小学校から大学までずっと女子校で、彼氏ができた事は一度もなかった。
大学を卒業してからデータ入力の仕事に就いたらそこは女だらけ。
モテたためしのない私は、自分は結婚するなら見合いしかないと思い
親は親で、20代のうちにどうにか結婚させないとこいつは売れ残るとでも思ったのか
とにかく見合い話を山ほど持ってきた。
お見合いなので、相手の家庭も相手の仕事もそれなりに安定しているので
あとはフィーリングの問題だと思ったが、ことごとく断られた。
私の何がダメなんだろうと冷静に考えてもよく分からない。
中肉中背、顔も人並みだと自分では思っている。美人ではないがブスでもない・・・はず・・・自信ないけど。
大学も賢いとは言えないけど、お嬢様大学と言われている程度には受けのいい大学だったし。
話を持ってきた伯母に何がいけないんだろうって率直に聞いたら「うーん、もう少し愛嬌があった方が」って言われて
その愛嬌ってのがよく分かんなかった。
ヘラヘラ笑うと気持ち悪いって親にも言われるし、別に怒ってないのに「なんかあったの?」とか言われるし。
お見合いの回数は20回を超えてて、私の方からお断りしたのは2回だけ。
ひとりはお見合いの席だと言うのに臭かったのと、もうひとりはチェーンスモーカーだったから。
もうこうなったら、私でいいって言ってくれる人なら誰でもいいやって、半ばやけくそだった。
今の時代と違って、結婚していない女性に対する世間の目は冷たかったから
とにかく結婚したかった。のちに離婚してもいいから、とにかく一度は結婚したかった。
そう決意してお見合いに臨んで、初めてのお見合いでOKが出た。
それが今の夫。
夫の方は初めてのお見合いだったらしい。
橋本真也似の容姿(幅も含めて)にプヲタの私は一目惚れだった。
そして3ヶ月付き合って結納、そしてその年に結婚。28歳の時。
そんな馴れ初めだったけど、子供は3人生まれてマイホームも建てて
義父母とも仲が良い。
なにもかも人任せだったのに、こんなに幸せでいいんだろうかとすら思う。

コロナで陰陰滅滅とした毎日の中で、ふと夫と出会った日々のことを
ニヤニヤしながら思い出しているw

【困惑】良い相手が見つからないので婚活を諦めた私→会社で課長「どこかで会った覚えがありませんか?」私「え?う~ん、どこで会ったんだろう..」→その時、ある事を思い出した

103: 名無しさん@おーぷん 20/07/04(土)16:09:49 ID:nG.05.L2
20代後半の時に当時付き合っていた彼氏に振られ、それから1、2年経っても彼氏すら出来ず
30を目前になって焦った私は、結婚相談所に入って婚活を始めた。
前の彼氏が収入の安定しない職業だった事もあり、安定した収入で出来れば良い人と結婚したかった。

私が考えて出した条件は
・年収は最低でも700~800万以上
・大卒以上、出来ればMARCH以上
・長男以外
・身長172cm以上(本当は175と言いたかったけど、担当の人に下げてくれと言われた)
・顔は人並みか、中の下ぐらいまでなら妥協する
といった、今考えるとちょっと強気なものだった

そんな感じで2年近く活動を続け、月3、4人のペースで会っていたが、イマイチしっくり来ない人が多かった。
話が面白く無いとか、店選びのセンスがイマイチとか、身長が下限ギリギリとか、そんな些細な事でドンドン切ってしまっていた。
結局良い相手は見つからずに婚活を諦め、仕事に専念する事にして転職活動を頑張った。
そして転職した会社で研修を終えて配属された部署の課長が、どこかで会った感じだった。
相手も同じだった様で私に「どこかで会った覚えがありませんか?」と聞いてきた。
でもすぐには思い出せず、お昼や仕事終わりの飲みなんかで話を聞く内に、婚活をやっていた話題になり、やっとお互い思い出した。
課長は、昔私が婚活時代にお断りした数多くの男の中の一人だった。
あれから課長も私同様、結婚を諦めてその分仕事に生きる様になっていたという。

私も婚活時代のガツガツした姿勢が無くなって丸くなり(笑)課長ともちゃんと会って良く話して見れば
不思議と話や感覚が合い、どうして私はこの人を断ってしまったんだろうと、もう後悔はしたくないと告白して交際。
程なくして妊娠してしまったので結婚した。
それから10数年、夫は私が思っていた以上に素晴らしい人で、家事の協力だって嫌な顔ひとつせずやってくれる。
年収も1000万をとっくの昔に超えてるし、子供達からも尊敬されている。
良い歳の取り方をしたのか、若い頃より貫禄が出てますます格好良く見えてくる始末だ。

なんで私は夫と初めて出会った時に選ばなかったんだろうと思った事もあるけど、当時に夫を選んだとしても
色々と不満が出て結婚生活上手く行かなかった可能性もあるし、ガツガツさが落ち着いた私と
結婚を半ばあきらめた夫の枯れ具合が良い感じにマッチングしたのかなーと思うと
お互い婚活の失敗があって出来た縁に思えて、不思議な縁もあるんだな~と感じている。
お知らせ
2017年:サイト名を「鬼女ライフハック」→「オンナの本音」に変更しました。サイトURL・RSSは以前と同じです。

2018年4月1日:管理人が変更になりました

2021年11月1日:管理人が再度変更になりました。新体制で更新を進めていきます。

トップ絵ギャラリー
9ab7ff15
header
記事検索
最新記事
アクセスランキング
ブログランキング