オンナの本音|2ch生活まとめ-鬼女ライフハック

結婚・結婚式

【叫び】結婚式の余興で歌った俺→友人達「知らない曲だったけどめっちゃよかった!」俺「やりきったぜww」と思ってた時、新婦がとんでもない事を言った

806: 愛と死の名無しさん 2016/10/12(水) 15:37:11.78 ID:vP+lVfdt
俺が不幸にしてしまった結婚式
新郎友人で出席したんだけど仲間内から歌が上手いと定評のある俺だったので余興の歌を頼まれた
選曲は任せると言われてややマイナーな個人的結婚式ソングNo.1の歌を選んだんだけど、歌い終わった後席で戻って友人等からは知らない曲だったけどめっちゃよかった!と好評
他の客も泣いてる人とかいて特に新婦は号泣してた
やりきったぜ感に包まれていると新婦の手紙朗読の場面になったんだが新婦の様子がおかしい
感極まってるんだなと思ってたが「俺さんの歌にすごく感動しました、好きです!」ととんでもない事言い出した
新郎がおい何言ってんだ!って言ってたけど「違うの!本気なの!」と新婦は軽く錯乱状態
互いの親族がとりあえず新郎新婦を控え室に連れてって式はそこで中断
親族に謝罪はしたけど逆にこっちが謝罪されてどうしたらいいかわからんかった
先週の日曜日の話だけどまだどうなったかは聞いてない

【苦悩】友人達がくれた私夫婦の結婚式のDVDを見た旦那「良い友達だな~」私「そうね..(モヤモヤするわ..DVDのBGMって..」旦那「どうしたんだ?」→結果

534: おさかなくわえた名無しさん@無断転載は禁止 2016/10/04(火) 16:02:05.71 ID:PSfqUfNd
* 友達は全く悪くない友やめ話。
*
* 去年、結婚式を挙げた。
*
* 予算の関係でDVDは頼まなかったんだけど、高校からの友達数人が、サプライズでDVDを作ってプレゼントしてくれた。
* (式の少し後に郵送で新居に届いた)
*
* 喜んで夫と一緒にDVDを観たら、綺麗に
* 編集されていて、BGMも、私の好きなアーティストの曲のオルゴール版がメインで、夫には「良い友達だなー」と褒められた。
* ただ、見終わった後なぜかモヤモヤして、正直あまり嬉しくもなかった。
*
* 夫とは交際8年、うち遠距離3年で、
* その間に夫が仕事をやめたり泥酔して
* 知人に迷惑をかけたりと、大変なことも
* あった。それは友人達も知っていた。
* (長々愚痴ったわけではなく、たまたま聞かれて話した程度)
*
* DVDのBGMに使われていたアーティストは、せつない曲も底抜けにハッピーな曲も出してるのに(むしろハッピーな曲の方が有名)、
* 私の結婚式のDVDに使われた曲はその中でも「あの頃は辛かったね」「涙を隠して笑っていたね」「長い辛い冬の時代を経てようやく幸せになったね」系の曲ばかりだった。

【愚痴】新婦の友達Aの結婚式中、友達B「この結婚式センスないよ。ほんとダメだわ」周り&私「ちょっとなんでそんなこと言うの?普通に良い式じゃん」と言ったら・・・

676: 愛と死の名無しさん 2017/08/09(水) 14:30:02.41 ID:kPN6K51b
友達の結婚式が不幸というか後味悪くなってしまった話。

前置きとして、
新婦の友達=A
やらかした友達=B

A、B、私は中学からの友達。
高校卒業後は大学や就職と中々会えずにいたんだけれど、Aが「結婚する、昔からの友達にも是非来て欲しい」というので楽しみにして行くことにした。Bと私、他の中学からの友達は新郎さんのお心遣いで同じ席にして貰えた。
みんなで「久しぶり」「楽しみだねー」「Aの晴れ姿たくさん撮ろうね」と話していた。

で、式が始まった。A、旦那さん、それぞれの親族、会社の人たちはとても常識的な人で、つつがなく式も進行してたんだけど「Aの晴れ姿を撮ろうね」と意気込んでたBが物凄く機嫌悪くなって、「あのさあ、センスないよこの式」と愚痴りだす。

続きます

【困惑】結婚式に大勢の人を呼ぶ予定の花嫁「盛大にやりましょうよ~♪」新郎の俺「そんな派手にやる必要はないじゃないか!」新婦「ケチるんじゃないよ!!」→結果

24: 恋人は名無しさん 2017/06/21(水) 19:51:16.15 ID:n9iMfIO60
新郎だが式をこじんまりしたい
親族も友人知人も呼べる人少ない 全部足しても10人行かない
けど花嫁側は一族総出で50人、友達知人恩人で50人、仕事関係20人ほどとものすごく大人数で息巻いてる

新郎側と新婦側で全くバランスのとれない結婚式ってどうなんだろう
俺としてはうちの両親に惨めな思いをさせたくないのだけど
家族のみでのリゾ婚提案してもかなり渋られてて困っている
本当にどうしたらいいんだろう 真っ向から対立してて話が進まない
すでに価値観が違いが見えてきて婚約破棄の文字が頭の中でぐるぐる回っているよ……

【唖然】嫁の誕生日に、嫁の部屋に招待された俺「他の友達は来てないのか?」嫁「来ないわ。それより笑わないで聞いて欲しいんだけど..」俺「えぇ!それ本当か!?」

853: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/07/05(水) 18:23:03.96 ID:i3Fehs8j0
ウォシュレットが壊れたので書いてみる。

俺は痔だった。
痔のせいで両親と妹から絶縁を言い渡された。

大学に入るのと同時に家を出て、そこで出会ったのが嫁だった。

夏の暑い日に、コンクリの上で友人と数人で涼んでいた俺達に、誰可が声をかけた。

「コンクリの上に座っていると痔になるよ」

その時の俺のリアクションで、嫁はピンと来たらしい。

それから、何かと俺との距離を詰めてくる嫁。
二人の距離は縮まるが、男女の関係にはならなかった。

俺には痔によるトラウマがあって、ある種の人間不信になっていたからだ。

そんな関係を一年以上続けて、嫁の誕生日に、嫁の部屋に招待された。

俺は他の友達も呼ばれていると思っていたんだが、部屋に入って初めて嫁と二人きりだとわかった。

微妙な空気が流れる中、ケーキを前に嫁のカミングアウトが始まった。

嫁「笑わないで聞いて欲しいんだけど、私、痔なんだ」

嫁は涙を溜めながら、今まで誰にも相談できなかった事、苦しんでいる事、もしかして俺も痔なのかと思って近づいた事を告白した。

そして、痔は関係なく俺に好意をもったと、近づいた目的が痔の仲間と言う不純な動機だったのでフラレてもしょうがないと涙を流した。

俺も泣いていた。

俺も痔の出血を止める目的で妹のナプキンを無断に使用した事を始め、全てを嫁に話した。

二人で抱き合いながら号泣した。

そして、俺と嫁二人の痔との戦いが始まった。
二人で病院を探し、春休みを目標に手術をする事にした。
お互いの通院には付き添った。
お互いの病状も確認し合った。

お互いの手術が終わった後に、二人で暮らし始めた。

大学を卒業して、一年近くたった嫁の誕生日に入籍した。

子供はまだ作っていない。
嫁の痔と、その原因の便秘が完全に治るまで待とうと話し合っている。

【修羅場】結婚式のスピーチで新郎友人『新郎の両親は曲者ですが、他に貰い手がいない新婦さんなら耐えられるでしょうね。僕の彼女と違って!!』新郎「お前は外に出ろ!!」

372: 愛と死の名無しさん 2017/06/09(金) 13:25:05.61 ID:/OnrKBml
こないだ行った結婚式。わたしは新婦友 人。
新郎新婦も気の毒ではあったが、一番は新郎友人が結局不幸になった話。

新郎より新婦の方が年上(4歳)で、新郎は優しそうで新婦 は姐さんでしっかり者という組み合わせの2人。
田舎に嫁ぐし、相手の両親は固い家とのことで新婦両親は当初反対してたんだが、
新婦持ち前の姐さんキャラと新郎の神対応もあり新郎両親とも仲良くなり、色々苦労もありつつどうにか結婚までたどり着いた。

式も親族と少しの友人のみでアットホーム、平和に進んでたんだが新郎友人がやらかした。

なんでも新郎友人は都会の彼女と結婚したいが相手両親が反対しているという似た状況で相談しあってたのだが、
新郎が先にうまく行ったもんで僻んでおかしくなってきていたとか(二次会で別の新郎友人から聞いた、その件の前は新郎と小学校からの親友でいい奴だったとも)

最初は普通のスピーチだったものの、徐々にヒートアップ「僕にも都会住まいの彼女が居ますが、新婦さんと違って年下で生き遅れていないので中々うまく行きません」とか
「新郎君の両親は曲者ですが他に貰い手がいない新婦さんなら耐えられるでしょうね。僕の彼女と違って」(ここで新郎新婦両親ブチ切れ)
「僕の彼女は若くて可愛い」などとのたまい、新郎とほかの新郎友人により強制退場。

(新婦の名誉の為に言うが、彼女はとても美人で若々しく、新郎君の猛烈アピールでお付き合いしたので生き遅れてという事はありません。てゆーか3歳差でまだ2人とも20代)

【唖然】女性社員の亜美と毎日メールするようになった俺→ある日、亜美「私、この野球選手のファンになったのよ~♪」俺「あっ!この選手って..」亜美「( ゚Д゚)」→結果

718: 名無しさん@お腹いっぱい。 2017/06/06(火) 23:28:02.74 ID:TWK8QQy3r
俺の話

新卒で入った会社で上手くいかず、23歳。中途採用で今の会社に入った。
肩身の狭い思いをするかもしれないが、心機一転 頑張ろうと決めた初日。
俺の指導係として二人の先輩がついた。一人はサポートでメインは25歳の女性社員。
「はじめまして。指導担当になりました○○亜美(仮名)です。」
大きなキラキラした瞳を細めて、にっこりと優しく微笑む美女。
醸し出す雰囲気はとても柔らかで、本当に天使のよう
一目見て心を奪われた 新たな職場への緊張が別のものに変わっていった
正直別に俺は面食いという訳ではなかった。
それなりに恋愛経験もあったがなんの取り柄もないフツメン(もしかしたらブサ入ってるかも)だし、あまり大きい事は考えないタイプ
今の女の子って俺からしたらだいたい割と可愛いと感じていたし
でも亜美は明らかに違って見えた。メイクも最低限。髪型も似たような女は沢山いるのに亜美は一般人の中に女優を混ぜたような整った顔立ち
それでいてとても優しい亜美は男からはもちろんの事女からも好かれていた。
俺は亜美に一目惚れしたが、相手にされるなんて思ってはいなかったが接する機会が多く、一通り教わった後も亜美は何かと俺を気にかけてくれて俺としてはそれだけでも嬉しかった。
会社にも少しなれてきたある日、俺は前日遅くまでゲームしていたのが響き、会社に遅刻しそうになった。
ギリギリ間に合ったのだが、気の緩みが出たんだろう
すると亜美が「危なかったねー朝弱いの?」と話しかけてきた。
こんな少しの事でも、亜美から話しかけられたら喜んでしまう俺はこの失敗すらありがたいことに思えた。
そんな翌日の朝 スマホを見るとメールが来ていて差出人を見ると「○○ 亜美」
目を疑ってメールを開くと
「おはようーちゃんと起きれたかなぁ?」
まさかの亜美からのおはようメールに俺歓喜
亜美と電話番号とメアドは交換していたものの、もちろん自分から送ることなどできずにいたがこれをきっかけに亜美と毎日メールをするようになった

お知らせ
2017年:サイト名を「鬼女ライフハック」→「オンナの本音」に変更しました。サイトURL・RSSは以前と同じです。

2018年4月1日:管理人が変更になりました

2021年11月1日:管理人が再度変更になりました。新体制で更新を進めていきます。

トップ絵ギャラリー
9ab7ff15
header
記事検索
最新記事
アクセスランキング
ブログランキング