オンナの本音|2ch生活まとめ-鬼女ライフハック

結婚・結婚式

【苦悩】私「あなたは仕事をしてるから羨ましいわ~」人「でもやっぱ独身だと..」私「え!そうなの!?」→結果

254: 名無しさん@おーぷん 19/11/08(金)21:59:19 ID:up.9a.L1
若い人が結婚しない風潮ってのが謎。

私は三十路前後なのだけど、周りはもうかなり結婚もしくは婚約してる(少ないけど既に離婚してる人もいる)。
ばりばり仕事してて結婚してない人もいるけど、「やっぱ若干肩身狭いわ~」という感じが主流。
私も結婚はしてないけどやっぱり何となく肩身は狭いし、後輩達はどんどん先に結婚していく。
さすがに売れ残りババア、みたいな風潮はないからありがたいけど。

結婚してる人はみんな高卒とか短卒じゃなくて、普通に大卒、院卒の人もいっぱいいる。
同期の結婚ブームは女性よりむしろ男性の方が早かった。

東京みたいな都心ではないもののそこそこの都会だし娯楽もそこそこある。
けど、やっぱり結婚は結構みんなしてる。

ネットでは若者が全く結婚しないって言ってるし、「劣化したまんさんを養うとかクソ」が主流みたいだけど、
そんなこと言ってる人ネットで見た信じられない話、として以外言ってる人みたことない。
結婚しないことを流行らせたい人がいるんじゃないかって疑ってる。
それとも大都会東京だと違うのかな?

とか色々考えながら、地方でも結婚出来ない自分って一体……と思いながらさきいか片手にレモンチューハイ一人で飲んでる。
この生活も悪くないんだけどな……やっぱいつかは結婚したいかな。

【叫び】娘の彼氏「大学を辞めて働きます!」私「そこまでしなくても..」娘「彼氏は夢の為に大学に行ってる!このまま大学に行かせてあげたい!」

9: 名無しさん@おーぷん 20/01/23(木)12:00:19 ID:bW.jd.L1
あんまり褒められることじゃないけど、32歳にしておばあちゃんになった。
娘16歳、母は50歳、祖母69歳、曽祖母92歳
曽祖母(年相応の認知症)「何孫になる?」って聞かれた。
娘の旦那になった人、今時のお洒落な男だったのに、この令和の時代に髪の毛丸めて謝りにきた。親御さんも殴ってもらっても仕方ないですって感じで、最初に対応した私に対して「ご両親は居ますか?」って。
あとから出てきた私の母や祖母を見て目を丸くしていた。

娘の彼氏家族はいい人。大学辞めて働きますって頭下げて娘との結婚を頼んできた。
娘は娘で泣きながら「彼氏は夢の為に大学に行ってる、だからこのまま大学に行かせてあげたい!」って言うの。
私も母(看護師)も、私旦那(大工)も父(自営)も、なんなら祖父母(自営)も、まだまだ現役。娘と孫のことは私に任せなさい。
彼氏君は大学に通ってそのまま資格取って、娘と孫を養ってくれ!と頼んだ。
向こうのご両親も「私たちにとっても孫です息子です!そして、そちらの娘さんだって、娘になるんですサポートさせてください」って。
嬉しくて家族全員で大号泣した。

私の時と違って、私の旦那の両親は私のことを畜生腹だの、アバズレなど、家系が悪けりゃそうなるのは当たり前だと馬鹿にした。
旦那はそんな旦那両親を張り倒して私に結婚してくれ、子供を産んでくれと言ってくれた。
私の両親は、旦那をそのまま大学に通わせて、旦那の学費を払ってあげていた。
私が出産して子供がある程度大きくなったら、私の尻を叩いて、看護学校に行かせてくれた。
「大学、就職、結婚、出産の順序が変わっただけ、親にできるサポートはするよ!」って笑って言ってくれた。

私たちのこんな生き方笑う人、貶す人も居ると思う。
実際、父親の親族や、私の姉や姉旦那は、頭が悪いから子作りしかできないと私達と縁を切っている。
近所の人にも彼処の家族はガイガイだから近づくなって言われて、友達もできなくはなかったが、距離を置かれたり
男子には「お前の家族尻軽女だろ、5歳で初めて男を知ったんだろ」とからかわれたこともある。
母は妊娠発覚したとき、医者におろすのを前提に話を進められた。
私の時は「母も母だと、子も子だな」と言われた。
娘の時は医者も考えを改めたのか「大変なこともあるけどがんばりなさい、出来る限りのことはするよ」と言ってくれた。
お金だって自由に使えない時もあるけど、楽しく暮らしてる。
長男は「9歳で叔父さんだって」次男も「俺なんて7歳なのに!」と大笑い。
旦那も「32歳のイケメンおじいちゃんってイケてるよな」と冗談を言いつつ嬉しそうにしている。
おばあちゃんになるし、頑張る!

【苦悩】研究員「できれば後数年以内に結婚したいわ~」私「でもさ研究してる時に..」研究員「そうだったわ!難しいわ~」→結果

223: 名無しさん@HOME 2020/11/27(金) 09:28:59.51 0
仕事してると
新卒では結婚妊娠できないなって思うし
2年目だとやっと仕事まわせるようになって次にきた新人には負けてられないなって妊娠なんて無理だし
教育係になっちゃって1年妊娠できないなってなったり
研究員になると研究期間2年間は絶対に妊娠無理やぞこれってなるし
そこ抜けると昇進試験あって試験受かるとまたどんどん次のステップ吸収していかなきゃ!!ってなるし
じゃーどっかで職歴諦めて妊娠するか?って考えても
万が一離婚したら自分はどうやって食っていくの?って不安が走る

【困惑】結婚式当日、私「なんで今日に限って雨が降るのよ~。ガーデンのイベントもいっぱいあるのに..どうしよ~」→結果

554: 愛と死の名無しさん 2018/05/13(日) 06:10:21.58 ID:dX2SguOz
今日が式当日
雨で本当にかなしい
何もやる気が起きないし楽しみでもない

雨降って地固まる とか 降り出しの雨は縁起がいいから とか 雨のあとには虹が出る とかいろいろ言われるんだろうけど全部いいわけだしなにも景色には反映されないしほんといらいらする

一番雨の振りにくい5月にしてガーデンもきれいでチャペルも外からの光かめちゃくちゃきれいに入るとこにしたのに
ガーデンのイベントもいっぱいあるのに全部パァだよどこから入場すんだよ

昨日最後の持ちこみだったんだけど、めっちゃくちゃ晴れの日がきれいで、幸せそうに式上げて「天気よくてよかったねー!雨明日でほんとよかったね!」と話している人たちの声が聞こえてきてもうなんともいえない気持ちになり式場で泣いてしまった

雨の中でも来てくれるゲストのことを一番に考えるべきなのはわかってるし、その覚悟の上でガーデンあるとこ選んだんでしょうかと言われるのもわかっちゃいるけどやっぱりへこんでしまうよ

【苦悩】メールを送ってきた前の元カノ『あなたに会いたいの』俺「みんな、やっぱり元カノに会った方がいいのかな?」Aさん「いってみたほうがいいよ。ただし..」俺「え!?」→結果

394: 名無しさん@お腹いっぱい。 2016/07/18(月) 12:54:39.61
ちょっと馴れ初めじゃないかも・・・

専門学校のとき付き合い同棲した元彼女がいたんだ。
卒業し就職先がかなりはなれて自然消滅したんだよ
結婚も考えていたのに落ち込んだ。


就職しても前の彼女を引きづり、ただ連絡はしていなかったけど
でも、女友達は少しずつだけどできてきたんだ。
その中でもAさんは優しくしてくれてありがたかったよ。

【苦悩】結婚した社内カップルの1.5次会に招待された私「はい、会費の1万円です~」新婦「ありがと~!今日は楽しんでいってね!」私「はぁ..(なんで新婦達って..」→結果

9: 愛と死の名無しさん 2016/01/13(水) 23:18:14.08 ID:+nmqOPP8
不幸とはちょっと違うかも、色々と痛かった結婚式
社内結婚カップルで、私は新婦の同僚女

新婦はパッと見マトモなんだけど全ての話題を自分の話にすり替えるタイプで、とにかく自己顕示欲が半端ない
上手く言えないけどミサワ、福◯萌、安◯美沙子、mis◯n◯を足して3で割ったような言動なので、職場では私を含め生暖かい目で見ている人も複数いた

式は某有名神社で身内のみ&披露宴はしなかったそうで、1.5次会に招待された(会費1万円)

ちなみに会社のある地元から会場までは、高速バスや鈍行なら片道2~3千円、特急なら1万弱かかる距離(例えば職場が静岡で、会場が東京くらいのイメージ)
1.5次会なので承知の上だけど、もちろんお車代は一切無し
しかし職場の上司や遠方の親兄弟も出席していたのに、なぜ新郎新婦とも特にゆかりのない街にしたのか謎だった

招待状は新婦がこだわって手作りしたらしいけど家庭用プリンタの素人くさい仕上がりで
海外のイベントフライヤー風でも目指したのか?案内の文面が全て英語だったのが笑撃だったw

別紙のカードには(こちらは日本語)
「挙式は〇時より××神社にて行います。親族のみで何のおかまいもできませんが、宜しければお参りがてらお立ち寄り下さい」 とあり
よほど親しい人が自発的に行くならまだしも、屋根も席も何も無いところへ私の白無垢姿をチラ見しに来いとナチュラルに言える神経に引いた

まあ招待の時点で色々と香ばしい点はあったけど、怖いもの見たさと義理もあり出席した
会場は古民家をモダンに改築した一軒家レストランで、良さそうな雰囲気だったのでそれなりに楽しみだったし

【衝撃】ホテルのレストランで在日の中国人女性に会った俺「初めまして○です」中国人女性「○よ♪ヨロシクね!」俺『うわぁ..おばさんホステスだな..』→結果

172: 名無しさん@お腹いっぱい。 2015/07/12(日) 16:36:54.29
せっかくだから自分も書かせてもらおうかな。
自分の家は兼業農家、長男、親と同居で最悪の条件。
性格的に20代後半になっても彼女すら出来たことなく、おまけにこんな厳しい条件で結婚はできそうになかった。
親がそうとう不安がっていて、ある日、父親の知人が農家を希望している在日の中国人女性がいると紹介してきて
こちとら中国人とかすごく驚いたが、父親やその知人に説得され一度会ってみる事になった。
某ホテルのレストランで相手と会う。
30代前半でまるで母親が入学式とかに着てくるような真っ白な洋服を着ていて、
正直すっごいおばさんホステスに見えてしまって、えらいことになってしまったと思った。
お知らせ
2017年:サイト名を「鬼女ライフハック」→「オンナの本音」に変更しました。サイトURL・RSSは以前と同じです。

2018年4月1日:管理人が変更になりました

2021年11月1日:管理人が再度変更になりました。新体制で更新を進めていきます。

トップ絵ギャラリー
9ab7ff15
header
記事検索
月別アーカイブ
最新記事
アクセスランキング
ブログランキング