81: 名も無き被検体774号+ 2012/07/02(月) 14:01:26.35 ID:aFMMewx00
さて、こうやって、健介に告白する事になった私。

相変わらずチャリで健介の家の前をうろうろしたりしても、
健介に偶然会うことはなかった。
今考えると、ほんとうにストーカーだった。
健介に偶然あえる事を願いながら、でも家に訪ねていったり電話する勇気はない。
ほんとに意味がわからない状態だった。
82: 名も無き被検体774号+ 2012/07/02(月) 14:02:34.42 ID:aFMMewx00
思えば、幼稚園から中学までずっとクラスは違うことはあっても
学校は同じだったので、半年も健介とあわないって事はなかったな。
せいぜい夏休み期間ぐらいかな。なんだか寂しいな。
高校生になってどうなってるんだろう?久々にあいたいなー。
って本気で思うようになってしまった。
83: 名も無き被検体774号+ 2012/07/02(月) 14:03:26.78 ID:aFMMewx00
健介に告白すると決めたものの、健介には会えない。
でも、直接連絡する勇気もない。
どこかで偶然あえないかと願うばかりな私は、ずるい。
ムシがよすぎるのはわかってるけど、その頃の私にはどうする事もできなかった。
84: 名も無き被検体774号+ 2012/07/02(月) 14:04:11.93 ID:aFMMewx00
もう寒くなった12月のクリスマス近い頃、近所の本屋兼レンタルショップに行った。
そこで、中学の時の同級生とあった。



残念ながら、健介ではなかった。
85: 名も無き被検体774号+ 2012/07/02(月) 14:05:44.26 ID:aFMMewx00
カズ君だ。
健介と家が歩いて一分ぐらいで、しょっちゅうつるんでたカズ君。
カズ君は同じクラスになった事はあるけど、あまり話したことがない。
でも、このチャンスを逃すと、健介とあえる可能性はかなり低くなる。
思い切ってカズ君に声を掛けた。


ゆみ『おひさしぶり。元気してた?』
カズ『おー、ひさしぶりやねー』
86: 名も無き被検体774号+ 2012/07/02(月) 14:06:45.12 ID:aFMMewx00
その後、普通なら他愛もない話しをするだろうけど、私は焦っていきなり聞いた。
ゆみ『あ、あの、あのね、健介とは今でも一緒に遊んでる?』
カズ『うん、ショッチュウ。週末は大体どっちかのウチにおるよ。健介がどうした?』
ゆみ『ちょっと話したいことがあって』
カズ『なになに???・・・まあいいや。帰ったらそのまま健介んとこ行って伝えとくよ。
   電話させたらいい?』
ゆみ『うん、できたらお願い』
カズ『ういーす。あいつ、意外ともてるな。(ニヤニヤ』
ゆみ『そんなんじゃないってーー(ほんとは思いっきりそんなんやけど・・・)』
カズ『わかったよー。んじゃ帰ったら言っとくよー』

そういってカズ君はチャリで帰っていった。
87: 名も無き被検体774号+ 2012/07/02(月) 14:07:40.21 ID:aFMMewx00
この時代はまだ個人情報なんとかもうるさくなく、
卒業アルバムみれば普通に電話番号と住所は載っていた。
だから、健介もうちの番号はすぐにわかるはず。


私のうちまでチャリで10分
カズ君(健介)のうちまで、チャリで20分
カズ君が健介に直接言いにいくとなると、その直後に電話くるかもしれない。

私は必死にチャリをこいだ。
冬なんで寒かった。でもこいだ。汗が出てきた。
多分、あの時が生涯一番早くチャリをこいだと思う。

必要以上にドキドキした。これはチャリを必死でこいだせいではないかも。
88: 名も無き被検体774号+ 2012/07/02(月) 14:08:30.95 ID:aFMMewx00
家にかえりついた。
お母さんが私の息遣いと焦りようをみて、ビビってた。
『と、友達・・・から・・・でん・・わ・・・くる・・・から・・・・ハァハァ』

といって、子機を握り締めて自分の部屋にいった。
お母さんが飲み物もってきてくれた。やさしい。
でも、部屋にいられると電話どころじゃないので、すぐに追い出した。

ずっと子機を握り締めて待った。
チャリに乗ってるときから、動悸がとまらない。
ずっと心臓がドキドキしている。
89: 名も無き被検体774号+ 2012/07/02(月) 14:09:21.05 ID:aFMMewx00

もうすぐカズ君が家につくころ。
健介にすぐ伝えてくれるんかな?
そのまま二人で遊ぶのかな?
すぐに電話あるかな?

すぐに電話があるという確証はなかったけど、ずっと受話器もって部屋でまった。
90: 名も無き被検体774号+ 2012/07/02(月) 14:10:07.71 ID:aFMMewx00
帰り着いて30分たった時、着信音が鳴った。
この時が今考えても人生で一番ドキドキした瞬間かもしれない。

一回深呼吸して、2コールなった時に通話ボタンを押した。






電話の相手は親戚のおばちゃんだった・・・・orz
91: 名も無き被検体774号+ 2012/07/02(月) 14:10:58.23 ID:aFMMewx00
すぐにお母さんと電話かわった。
その後、長電話になった・・・・・・
15分たってもお母さんは電話おわらない。



私は無言でお母さんの前に腕を組んで仁王立ちした。
お母さんがこっちに気がついたので、電話使いたいって事をジェスチャーで伝えた。
おかあさんはゴメンってジェスチャーをして、すぐに電話きってくれた。
お母さん、私にはいつも優しい。



そして、子機を握り締めて部屋に戻った。
92: 名も無き被検体774号+ 2012/07/02(月) 14:11:37.98 ID:aFMMewx00
部屋に戻ってドアを閉めた途端に着信音がなった。
びっくりして電話を落としてしまった。


そして、子機の電池が抜けてしまった。
いれようとしても、手が震えてなかなか入らない。
焦ると余計に入らない・・・


そうこうしてるうちに、一階でお母さんが電話にでた。
健介でありませんようにって祈った。
93: 名も無き被検体774号+ 2012/07/02(月) 14:12:26.82 ID:aFMMewx00
『ゆみーー、電話よーーー』と大きな声で1階から呼ばれた。
平静を装って1階にいったけど、お母さんは必要以上にニヤニヤしていた。
『男の人からよ。』って電話を渡された、ものすごく恥ずかしかった。

すぐに保留ボタンを押して、自分が持ってる子機に電池を入れ、
子機に転送して、自分の部屋に入った。

ドキドキしながら通話ボタンを押した。
94: 名も無き被検体774号+ 2012/07/02(月) 14:13:29.16 ID:aFMMewx00
ゆみ『も、もしもし・・』
健介『おー、久しぶりやなー。元気か?』

ひっさしぶりに聞くいつもテンション高めの健介の声。
なんか少しだけ涙が出そうになった。

健介『ん?どした?カズから聞いて電話したけど。』

そこで、自分から電話してといいながら、
涙こらえてるうちに も・もしもし・・ しか話してない事に気がついた。

声を聞いたら、会いたくなってきた。
最初は電話で告白しようかと思ってたけど、会うことにした。

ゆみ『あのね、ちょっと話したい事あるから、今からあってくれん?』
健介『なんやどうしたー?ま、暇やけんどこでもいくよ。
   ゆみんちの近所、公民館の横に公園あるやろ。あそこまでいくぜー。んじゃー』

そういって、一方的に電話きられた。
95: 名も無き被検体774号+ 2012/07/02(月) 14:14:12.80 ID:aFMMewx00
告白できなくて、今日は電話で少し話すだけにしようかなとか
最初は思ってたけど、
こうなるともう、あとに引けなくなってきた。
絶対に今日告白してやるって、逆に気合いが入ってきた。

健介のうちから公園までチャリで10分。
それまでに用意して公園までいかなければ。
96: 名も無き被検体774号+ 2012/07/02(月) 14:15:03.49 ID:aFMMewx00
服はどうしよう?
一番お気に入りの服は洗濯したままだった。
しょうがないので選んだ。時間がかかった。
髪型はへんじゃないかな?
高校生なので少しぐらいお化粧したほうがいいのかな?
お化粧なんてまだしたことないから、結局しなかった。
97: 名も無き被検体774号+ 2012/07/02(月) 14:15:54.67 ID:aFMMewx00
いろんな事考えて用意してると、電話をきってから20分経過していた。
やばい、健介もう公園ついたかな・・・待ってるかな・・・
そう思いながら階段を下りて1階にいき、玄関にでた。
『今から電話の男の子にあうの?がんばってきなさいよ。』
おかあさん冷やかしかと思ったら、真顔で言われた。
西川きよしみたいに、両手でこぶしつくってた。
私の焦りようでなにか気がついたんだろうか?
『ちょっと出てくるね、すぐ戻るよ』と笑顔でお母さんに言って家を出た。
なんだか、お母さんに勇気もらったみたいでうれしくなってきた。
98: 名も無き被検体774号+ 2012/07/02(月) 14:16:32.34 ID:aFMMewx00
公園まですぐ近くなんで歩いていった。
そこを曲がれば公園って所まできた。
いったんとまって、深呼吸を3回した。1回じゃ足りなかった。


久々に健介に会う。
中学卒業してからだから、9ヶ月ぶりぐらいかな?
曲がり角を曲がった。
99: 名も無き被検体774号+ 2012/07/02(月) 14:17:14.76 ID:aFMMewx00
公園の入り口にチャリがあった。おそらく健介のだろう。
でも、健介がみあたらない。
公園の中も見渡してみた・・・・




よく見渡してみると、遊具のウンテイで懸垂をしているゴリラがいた。




健介だwww
100: 名も無き被検体774号+ 2012/07/02(月) 14:18:02.58 ID:aFMMewx00
中学の時、授業中に空気イスしたり、握って握力鍛えるやつを授業中やってて
先生に没収されたりしていた。
相変わらず脳みそまで筋肉やなぁと思ったら緊張がほぐれてしまった。



懸垂している背後からダッシュして肩でぶつかった。
バランスをくずしながら健介は着地した。
101: 名も無き被検体774号+ 2012/07/02(月) 14:18:51.95 ID:aFMMewx00
健介『ひさしぶりなのに、いきなりあぶねーやんか。』といいながら顔は笑ってた。


久しぶりの健介の笑顔。決してイケメンとはいえない、どっちかというとブサイクな笑顔。
なんだかうれしくなった。
こういうのをブサカワイイとかいうんだろうか?当時はそんな言葉なかったけど。
パグ犬を飼ってる人は私が健介を見てる感情と同じようなものかな?とか
わけがわからない妄想をしてしまった。
102: 名も無き被検体774号+ 2012/07/02(月) 14:19:40.62 ID:aFMMewx00
ゆみ『久しぶりやねー。卒業してから会ってなかったし。元気やった?』
健介『おう、俺はいつでも元気じゃ。ゆみこそ元気やったか?』
ゆみ『健介ほどじゃないけど、まあねー』

自然と顔がにやけてしまう。

103: 名も無き被検体774号+ 2012/07/02(月) 14:20:36.71 ID:aFMMewx00
よく見ると、健介は髪が伸びていた。
少し短めのリーゼント風になっていた。
小さい頃からずっと坊主で中学も柔道してたから坊主で高校生になって髪伸ばしてみるまで、
自分が天パなのをしらなかったらしい。ゆるやかな天パだそうだ。
リーゼントも別にパーマかけてるわけでなく、
髪の毛あげたらこうなったと言ってた。
でも、なんだか似合ってた。
会ってない期間、1年もたってないけど、健介だけ少し大人になった気がした。


健介『で、用事ってなん?』
104: 名も無き被検体774号+ 2012/07/02(月) 14:21:49.55 ID:aFMMewx00
今まで心地よい時間だったけど、健介に現実に引き戻された。
そうだ、今日の用事を思い出した。健介に告白するんだった・・・

もう、ここまできたら勢いで言うしかない。

一度うしろを向いてまた深呼吸した。


そして健介のほうに振り返って目をつぶったまま言った。
105: 名も無き被検体774号+ 2012/07/02(月) 14:22:45.56 ID:aFMMewx00
ゆみ『私ね、健介の事がすきなんよ。だけん、よかったらつきあってほしい。』

健介『いいよー』



ゆみ『あのね小学校のこr・・・・え?今なんていった???』

ここで、私は目を開けた。健介は笑ってた。

106: 名も無き被検体774号+ 2012/07/02(月) 14:23:39.81 ID:aFMMewx00
健介『いいよ。俺たち付き合おう。』

ゆみ『え?だって、普通考えさせてとかいうやん?』

健介『いやいや、いいよ。ゆみといると楽しいし。
   俺女の人と付き合うとか初めてでよくわからんけん、宜しくな!』


なんだか、そういわれてボーっとしてしまった。
108: 名も無き被検体774号+ 2012/07/02(月) 14:25:27.87 ID:aFMMewx00
こんなにあっさりでいいのか?
不思議な感じだった。
そのあとは、健介が一方的にいろいろしゃべってるけど、あまり聞こえてこなかった。
また電話する約束して、その場は解散した。
健介がチャリにのって帰るの見送ってから、ゆっくり歩いて家まで帰った。
なんだか、まだ現実的じゃなかった。

私は健介の彼女になったのか?あんなにあっさりと?
考え込みながらうちに帰りついた。
109: 名も無き被検体774号+ 2012/07/02(月) 14:26:29.17 ID:aFMMewx00
うちに帰ると、お母さん、姉ちゃん、弟が玄関まできてて
どうやった?どうやった?って聞いてきた。
うちは結構オープンな家庭で、二つ上の姉ちゃんも、ひとつ下の弟も
普通に彼氏、彼女をうちにつれてきたりした。
まだ私だけ異性は連れてきたことがない。

みんなテンションあがって、どうやった?って聞いてたけど、私は
まだ現実にもどれなくて、ぼーーっとしながら、うーんと答えてた。

それを見て、みんな私が振られたんだと思い、あちゃーって顔をしながら
散っていった。
お父さんだけは遠くでにこにこしてた。
110: 名も無き被検体774号+ 2012/07/02(月) 14:27:12.92 ID:I8TRDEbZ0
親父wwwwwwww
111: 名も無き被検体774号+ 2012/07/02(月) 14:27:38.80 ID:aFMMewx00
ご飯を食べた後、部屋に戻ると、お母さんが部屋まできて、
『大丈夫よ、ゆみはいい子だから、いい人きっとみつかるから。』って頭なでなでしてくれた。
ジュース持ってきてくれて、部屋で二人で飲んでた。


『あのねお母さん、私彼氏できた』というと、お母さんはリアルにオレンジジュースを噴出した。
ほんとに、ブッーーーって噴出したwww
それを見て私は爆笑した。
『なんでそんな態度なん、もうーーーー』
って言いながら噴出したのを掃除したあと、満面の笑みで部屋から出て行った。
112: 名も無き被検体774号+ 2012/07/02(月) 14:29:04.83 ID:aFMMewx00
その後、姉ちゃんが部屋にきて、いきなりケリを入れてきた。
『妹もいっちょまえに大人になったな。写真みせろ、写真』と満面の笑みで言ってた。
卒業アルバムを見せたら爆笑して『お前は私と違ってめんくいじゃないんやねー』といってどこかに行った。
次に弟がきて、『今度うちにつれてこいよ、一緒にゲームしようぜー』と言ってた。

ジュースのコップを下に持っていくと、お父さんがしかめっ面になってた。
お母さんにも卒業アルバムみせたら、『あら、味があってかわいい顔ね』と言ってた。
でも、お父さん以外みんな笑顔だった。なんだか祝福されたみたいでうれしかった。

引用元: 幼馴染の男の子の話

 クリック↓でTOPページに戻ります

header

次のオンナの本音は↓(アンテナサイト経由)


子供の誕生日。俺「何が欲しい?」子供「おかあさんがほしい」俺&嫁「…え?」嫁「なに?おかあさんはいつもいるじゃない」→衝撃の展開へ…

【衝撃】縛り上げた嫁と間男を車に乗せ鉱山廃墟へ。俺「彼とお幸せに」→深さ3mほどの穴に蹴り落とした。数年後、その場所を訪れてみると…

【壮絶】俺「不倫してますよね?」嫁、間男、嫁両親「侮辱よ!名誉棄損!」「会社にまで迷惑かけやがって!覚悟しろ!」→爆弾投下→嫁間男真っ青。嫁父顔真っ赤。嫁母真っ白。

【大勝利】俺「話がある」妻「何?お夕飯作らないと」俺、封筒を差し出す→嫁「なあに?サプライズ?」→封筒の中身を見た嫁は固まった

【衝撃】隣室に夫婦が入居!新聞受けに「近所付き合いはご辞退申し上げます」という挨拶を添えて、タオルが入れられていたwwwところが後日、奥さんから非常識な頼みが…

【修羅場】テストは全部100点なのに通信簿オール3!担任「なぜかわからない?だから駄目なの」→父が激怒、学校へ電話かけると…予想の斜め上をいく答えが…

【修羅場】喫茶店で小説を読んでいたら、突然ババアに椅子で頭を殴られたwwwババアは血塗れの俺を更に殴り続け、「警察呼んで!」と発狂www署に連行され、とんでもない事に…

【修羅場】小学生の娘を万引きで捕まえたと、本屋から連絡があった!しかし「やってない」と訴える声に、娘の無実を確信…監視カメラの映像を見せろと抗議した結果→

【未遂】嫁親友から嫁の仕事用携帯にメール『ごめん。さっき気になって電話したら、旦那ちゃんが出たよ。携帯、気をつけたほうがよいよ。後で電話して』俺「ん?何だこれ…」

【驚異】レストランにて、1人で食事を始めたら…おっさんが「相席良いですか?」と接近!空席だらけなのに何故?と反論する隙もなく着席www気味が悪くて席を立つと、おっさんは…

【頭オカシイ】「べんごし」から慰謝料の請求書が届いた!警察に相談に行くと内容がヤバ過ぎて警察官も腹筋崩壊wwww

【修羅場】兄夫婦にはダウン症の子がおり、俺は自分の子に「いとこちゃんは病気なんだ」と伝えていた!ところが…親戚が集まった時、とんでもない事件が!

【黒い過去】店員「800円のお釣りです」私「はあ!?1万渡したでしょうが!!あんたが盗ったんだろ!」店員「これで満足か!詐欺師!!」→店員の財布から出した1万円を渡されたが…

【復讐】息子がギャン泣きしているのに私の料理を捨てまくるトメ→我慢の限界がきて義実家の冷蔵庫の中をドライバーとハンマーでめちゃくちゃにした結果...

【格差婚】京大卒の母が偏差値39高卒の父と結婚した理由wwwwww

【閲覧注意】引越し先のマンションの床板を外すと「遺体」のようなものが → 警察を呼び調査してもらうと衝撃の事実が判明し…【オカルト体験】

おすすめ記事